ノボキュア株式会社

代表メッセージOur Leadership

CEO アサフ・ダンジガー
CEO アサフ・ダンジガー

  ノボキュアは革新的ながん治療法を追及し続ける医療機器研究開発企業です。膠芽腫(GBM)の治療に電場を利用する今までにない技術、TTフィールド(腫瘍治療電場)療法を開発し、生存率の向上のみならず、QOLを維持することにより、多くの患者さまによりよい医療をお届けしたいという思いの実現に尽力して参りました。
  今後はTTフィールド療法を膠芽腫の治療のみならず、より多くのがん治療に適用となるよう新しい科学や技術に挑戦し、常に患者さまの利益を優先して、日本のそして世界の医療へさらなる貢献ができるよう努力してまいります。

代表取締役社長 眞鳥 俊悟
代表取締役社長 眞鳥 俊悟

  TTフィールド療法をアジア地域に普及させる最初の拠点として、ノボキュア株式会社が東京に設立されたのが2012年7月のことです。TTフィールド療法を必要とする患者さまに一日も早くご提供できるよう早期承認取得のために奮励し、2015年3月には再発膠芽腫の治療機器として承認され、さらに2016年12月には、初発膠芽腫への適用拡大を承認されました。
  TTフィールド療法は、従来の化学療法や放射線療法とは作用機序が異なります。患者さまの負担が少ない非侵襲性の治療法であることから、医師の方々にとっての治療の選択肢を広げるとともに、患者さまのQOLを維持しながら日常生活とがん治療の両方を満たすことを可能にします。オプチューン®の認定講習を受けた医師を通じて、より多くの患者さまがTTフィールド療法で治療できるよう、私たちは全社一丸となって取り組んでまいります。また将来は、その他のがん領域にとってもTTフィールド療法の適用拡大を視野に研究開発を強化し、より広く認知され、普及されることで日本のがん治療に貢献してまいります。

ページ上部へ戻る